top of page
  • 執筆者の写真みつば行政書士事務所

【建設】確定申告書類は必ず控えを保管しよう

こんにちは。行政書士の瀬野です。

今回は、これから建設業許可を取ろうと思っている事業者さま向けの記事です。


建設業許可を取ろうと当事務所にお問い合わせがあった際、最初に確認するのがタイトルの「確定申告書類」についてです。

許可要件はいくつかありますが、まず、経験を証明する書類として「確定申告書の控え」が最低5年分必要になります。


時々、「確定申告は毎年行っているけど提出しただけで控えは保管していない」と仰る方がいらっしゃいます。

許可申請時には、証明書類として確定申告書の控え(受領印または電子申告の場合メール詳細)が必須なので、何とかしてこの控えをご準備いただく事になります。


上記の場合、手元に確定申告書の控えが無いので、提出した税務署に行き取り寄せる事になります。ほとんどの税務署では、過去7年分まで遡って情報開示請求を行えば控えを出してもらえると思いますが、中には諸事情で7年より前の控えが必要だと言う場合もあります。


そうなると一気に難易度は上がるのですが、諦めずに色々と試してみる価値はあります。その方法についての詳細は割愛しますが、このような深みにはまらない為にも、確定申告書類を提出する際は控えとしてコピーを取り、窓口で必ず受理印(収受印)を押してもらいましょう。






最新記事

すべて表示

【雑】テレビ等のロケ撮影の許可

こんにちは。行政書士の瀬野です。 弊所では、テレビ番組用のドローン飛行許可も日々取り扱っています。 そこで、撮影する際の色々な許可について少しお話いたします。 場所にもよりますが、こんな感じです。 ・ドローン飛行許可(撮影にドローンを使う場合) ・公園使用許可(公園での撮影を含む場合) ・道路使用許可(撮影の一週間以上前には警察署に相談、提出) ・入林届(国有林に立ち入って撮影する場合) ・河川の

令和6年の始まり

こんにちは。行政書士の瀬野です。 2024年がとうとう始まりました。本年もよろしくお願いいたします。 新年の抱負は...特にありません(笑) 昨年少し頑張り過ぎたので、今年は現状維持が出来たらもうそれだけで二重丸かな、と思っています。 とは言え、来る仕事は全て丁寧に対応し、質も上げて行きます。 弊所はドローン、建設業、産廃の3種類に絞っており、中でもドローン界隈は法改正や運用の変更など、とにかく移

【雑】新NISAを始めようと思ったら、断られた話

こんにちは。行政書士の瀬野です。 お察しの様に、本日は雑談です。 巷で話題の「新NISA」 私も早速始めてみようかと思い、お気に入りのウェルスナビで申し込もうとしたら「税務署の調査で他の金融機関に口座があることが分かりお申込できませんでした」とのこと。 私が既にNISAの口座を開設?? 記憶を辿っても思い当たらず。 とは言え、何処かにあるとの事なので無意識のうちに開設したのかも知れません(笑) 早

Comments


bottom of page