• みつば行政書士事務所

【持続化給付金】個人事業主100万円・中小企業200万円 現金支給

こんにちは。行政書士の瀬野です。

国による新型コロナウイルス救済措置で、新しい情報が出ましたのでお知らせです。

【名称】

 持続化給付金(仮)

【給付額】

個人事業主 最大100万円/中小企業 最大200万円

【条件】

昨年1~3月の売上に対して、今年の1~3月の売上を比較して、半減している月があった場合、その減少分を12ヶ月分まで国が補償し、現金で支給するというものです。

個人事業主である文房具店、みつば商店の例で説明します。

(昨年の売上)

2019年1月 15万円

2019年2月 20万円

2019年3月 24万円

(今年の売上)

2020年1月 16万円(前年同月比較:+1万円)⇒対象外

2020年2月 18万円(前年同月比較:-2万円)⇒対象外

2020年3月  9万円(前年同月比較:-15万円)⇒半分以上の減少額なので対象

昨年売上と比較した所、2020年3月のみ、対象となりました。

減収分は、24万円-9万円=15万円なので、

この減収分の12カ月分までが補償対象です。

計算してみると、15万円×12ヶ月=180万円 ですが、

個人事業主の上限は100万円なので、180万円の内100万円の部分が補償対象となります。

以上、現時点で出ている情報に沿って、速報版でまとめてみました。

明日以降、詳しい申請方法や条件などが出てくると思いますので、引き続きお知らせしていきます。

*4/7以降、支給内容や条件が変わる可能性もあるのでご注意下さい。



Copyright© 2020 みつば行政書士事務所 All Rights Reserved