• みつば行政書士事務所

離婚歴を隠したまま再婚出来ますか


こんにちは。行政書士の瀬野です。

スマホを落として画面をバキバキにしてしまったことありますか?

私は初代iPhoneからずっとカバー無しで所有し、快適に使っていたのですが先月ついに落として画面を割ってしまいました。今はもう修理して元通りですが、新しい素材(グラフェン)を使うことにより、落としてもほぼ割れないスマホが開発中との事です。Source:Newsweek記事

グラフェンは炭素原子が蜂の巣状に結合したシート状の新素材で、薄くて強く、銅よりも導電性が高く、ゴムのような柔軟性を持つという面白い特性があります。スマホ以外にも応用範囲が広そうですね。

Q:私は過去に離婚歴があります。いまお付き合いしている男性にはその事を話していません。何となく自分の離婚歴の話をするキッカケが見つからなかったのです。そのまま楽しく交際を続けていましたが、先日プロポーズされました。今更、離婚歴があると言ってしまうとプロポーズが白紙になりそうで怖いです。何とか隠したまま結婚できないでしょうか?それとも結婚したら私の離婚歴はバレてしまうのでしょうか。

A:転籍や分籍を行い、表面的に離婚歴を見えなくするなどの方法もあるにはあるのですが、再婚された後、何かの手続きの際に離婚歴が判明してしまう可能性は大ですね。

Q:分籍?って何ですか。

A:離婚された際、いったん結婚前の戸籍(親の戸籍)に戻った後、新しく自分ひとりの戸籍を作ると、その新しく作った戸籍には親の戸籍から分籍した事しか記載されず、離婚歴に関する記載は現在の戸籍簿からは消えることになります。

Q:それ簡単そう!早速市役所に行って自分だけの戸籍を作ります!

A:うーん、ひとりで新戸籍を編製するのはあまりないことですので、何故だろう?と不自然に思われるかも知れませんね。そして先ほども申しましたが、何かの手続きの際に戸籍をたどると結局は分かりますよ。

Q:どんな手続きで私の離婚歴がバレるのですか?

A:遺言書の作成や遺産相続手続きなどで、関係者の戸籍謄本を専門家が全て収集した際に、原戸籍(改製される前の戸籍)や除籍謄本(戸籍内の全員が除籍されたり転籍して、戸籍簿から除籍簿に移された謄本)を見ると離婚歴が分かります。

Q:遺言書や相続って・・・、かなり先の話じゃないですか。つまり、隠したまま当分はバレないってことですよね。

A:そうかも知れませんが、これから何年も、重要な事実を隠したまま結婚生活を続けるより、ありのままを話した方が、結局のところお互いの為に良いと思います。

Q:そう言われてみると、秘密を抱えたまま何十年も夫婦でいるって疲れそうな気がしてきました。彼に告白するかどうか、もう一度冷静に考えてみます。

【まとめ】

・戸籍謄本から離婚の記載を消す方法として、転籍や分籍があるが不自然な印象を持たれる可能性有 ・離婚歴自体を戸籍や除籍謄本から完全に消すことは不可能

#夫婦問題 #離婚 #相続 #遺言書

Copyright© 2020 みつば行政書士事務所 All Rights Reserved