• みつば行政書士事務所

マンション一棟相続しました


こんにちは。行政書士の瀬野です。

何気にJETROのサイトを見ていたら・・・・何と!!JETRO大阪ビジネスライブラリが今月末で改装の為いったん閉鎖に!!次にオープンするのは5月半ばになるとの事で・・・。事前に分かって良かった。

知らない人は知らない、マイナーな存在であるこのジェトロビジネスライブラリは、色々な市場の調べ物をするときなどに便利です。買うと10万以上するデータブックなどを無料で閲覧することが出来、企業のマーケティング担当者などはここに来て調べ物をする体でのんびり過ごしてます^^

(注:ページをコピーする場合は有料です)

私はよく行くのでライブラリカードを作っていますが、これがあると毎回受付で所属や名前の記入をしなくてもカード提示だけでサッと入れるので便利です。皆さんも利用してみませんか?6月以降に^^

さて本日のご相談は「マンション一棟相続しました」です。

Q:相続により一棟マンションのオーナーとなりました。戸建てやマンションの区分所有とは違い、一棟となると建物の管理や高額な費用負担が必要だと聞きましたが、具体的に教えてください。

A:まず、そのマンションの規模(総戸数)と築年数はどれくらいでしょうか。

Q:10階建ての50戸で、築19年の賃貸マンションです。

A:19年ですか~。そろそろ大規模修繕工事が必要になるような不具合が生じてくる頃ですね。

Q:大規模修繕工事?どこをどの様に修繕したら良いのですか?

A:一棟マンションやビルの大規模修繕工事が必要となる部分とは、大きく分けて3つあります。

屋上外壁、そして給排水管です。

・屋上と外壁は、雨風が直接当たる部分ですので、防水に関する大規模修繕工事が定期的に行なわれます。

防水の処置を施していても、20年位経過すると、水漏れなど何らかの問題が発生する事が多くなります。

・外壁では防水の他、塗装の劣化により断熱機能が落ちたり、タイルが色褪せたりひびが入ったり剥がれ落ちたりといった不具合が起き、思わぬ事故につながることもあります。

・給排水管も、人の日常生活に直接かかわる部分ですので、錆などにより管が劣化すると、水道管の破裂といった重大事故につながる可能性があります。特に冬場は危険です。

Q:結構大変そうですね・・・。外壁や防水工事は何となくイメージ出来ますが、給排水設備工事はどれくらいの費用がかかるものなんでしょうか。

A:そのマンションの設備や業者さんにもよりますが、もし給水管が破裂した後に工事を依頼した場合、2000万~3000万程度は見ておいた方が良さそうです。

Q:高ッ!!マンション一棟まるごと相続したので喜んでいたら、思わぬ所で相当費用がかかりますね。

A:大規模修繕工事は、建物が古くなればなるほど、それに応じて金額も大きくなります。また、水漏れなどの問題は事故が発生してから工事を行なうと、先ほどご説明した様に費用が格段に高くなってしまうということに注意が必要です。更に、水道管破裂などで事故が起こった場合、工事費も高くなりますが、入居者への賠償が生じる場合もあります。そうなるとまとまった額を請求される可能性が高くなりますね。

Q:何だかお金がかかる話ばかりですが、少しでも費用を抑えるためにはどうしたらいいのでしょうか。

A:やはり最も重要なことは、ほったらかしにして最悪の事態に陥る前に、定期的に検査やメンテナンスを行なうことですね。今回の様にビルやマンションをまるごと相続した際は、建物の過去の点検、修繕の記録を調べてみることをお勧めします。そうするとおおよその費用感も掴めると思いますよ。


Copyright© 2020 みつば行政書士事務所 All Rights Reserved