• みつば行政書士事務所

勝手に婚姻届けを出されていました


こんにちは。行政書士の瀬野です。

俗にいう「ブラックリスト」って、リアルに存在すると思いますか?

答えはNOです。では何故ブラックリストに載る!などと未だに皆が口にするのかというと、おそらく信用情報機関に登録されているネガティブ情報の事を指しているのだと思われます。ある一定期間返済が滞ったり、破産したりした場合、事故情報(ネガティブ情報)としてその人の情報が「信用情報機関」に登録されてしまいます。ここまで読んで、自分がブラックリストへ登録されているのかどうか気になるという人は、状況を調べることが可能です。各信用情報機関には、「本人開示制度」がありますので、開示請求の手続をすれば、簡単に確認することができます。

さて本日のご相談は「勝手に婚姻届けを出されていました」です。

この様なことが可能なのでしょうか。早速見てみましょう。

Q:同棲している彼女が、「私たち夫婦なんだよね~」などと頻繁に冗談を言うので、「あのね、夫婦っていうのは、きちんと婚姻届けを出さないとなれないんだけど?知ってるよね」と言うと「もう先週出したもん!」と平然と答えました。いつのまにか勝手にそんなことをされて大変驚きましたが、これは法的に有効なのでしょうか。

A:結論から申し上げますと、双方に婚姻の意思が無ければ無効です。

結婚は、双方の合意があって初めて成立するものなので、片方に結婚の意思が無ければ、今回の様に勝手に婚姻届けが出され受理されていても無効です(民法742条1号)

ところで、その彼女と結婚する意志は無いのですか?

Q:うーん、今は無いですね。先の事は分かりませんが・・・。

A:それならば彼女を相手として「婚姻無効確認の訴え」を提起し家庭裁判所の許可を受けないと、戸籍上、婚姻の記載がされたままになってしまいます。あと他に、婚姻届不受理申立てを利用する方法もありますが。

Q:え?彼女相手に裁判まで起こさないと戸籍を訂正してもらえないのですか?

A:現状ではその様な手順を踏まないと、勝手に出された婚姻届(不実の記載)は自動的には削除されません。尚、婚姻届けを偽造して本人に無断で届け出る行為は刑法の私文書偽造罪(159条)に該当するので、彼女に対して刑事告訴と損害賠償請求も可能です。

Q:いやいや、そんなに事を荒立てるつもりはありません。そこまでしたら彼女が可哀そうですし・・。

しばらく考えてみます。

A:その彼女と結婚する意志があれば、追認で有効になります。無効な婚姻届けでも追認すると、届を出した時から有効となり、法律上の夫婦として認められます。


Copyright© 2020 みつば行政書士事務所 All Rights Reserved