​|2020年度 小規模事業者持続化補助金

ホームページ開設やチラシ・カタログなどに幅広く使える「小規模事業者持続化補助金」が今年も実施されます。
本年度は、先着順に5事業者様のみ支援致します。
​*大阪市内の事業者様を優先させていただきます

まずはこちらをご覧ください

応募スケジュール

​従来と大幅に変わりました。

・第1回締切  2020年03月31日

・第2回締切  2020年06月05日

・第3回締切  2020年10月02日

・第4回締切  2021年02月05日

・第5回締切  2021年06月初旬

・第6回締切  2021年10月初旬

・第7回締切  2022年02月初旬

・第8回締切  2022年06月初旬

・第9回締切  2022年10月初旬

・第10回締切   2023年02月初旬(最終)

注意点

●国が助成する他の制度と重複する事業は補助対象外

​●応募は従来の郵送とJグランツのどちらでも可能

概要

『小規模事業者持続化補助金』とは、ホームページ制作や販促用カタログ・パンフレットの作成、折り込みチラシやWEB広告など、事業の販促宣伝活動の為に幅広く活用出来る、とても使い勝手の良い補助金です。

​補助率は2/3ですので、75万円を広告宣伝費に使用した場合、後で50万円の補助金が支給されます。

補助対象となる事業者

常時使用する従業員の数が20名以下の事業者

(ただし、卸売業・小売業・宿泊業と娯楽業以外のサービス業であれば5名以下)

対象外となる事業者

・公募開始時点で事業を開始していない事業者(開業届未提出、事業開始の実態が無い等)

・​営利企業に該当しない法人等

*風俗業、医師・歯科クリニック・一般社団法人・NPO法人など営利企業に該当しない法人等は対象外←本年度公募開始後確認します

小規模事業者持続化補助金活用のメリット

●広告宣伝費で使った金額のうち最高50万円を受け取ることが出来る

​●申請の過程で、事業の販売促進計画を立てることが出来る

注意事項

●HP・チラシ・カタログ等発注のタイミングは、「申請が採択された後」になります。

​●択決定通知前に、契約や発注を行った場合、補助金対象外となってしまいますのでご注意ください。

補助事業の考え方・組み立て方について

小規模事業者持続化補助金申請サポートの流れ

① ご相談・ヒアリング        

​② お申し込み・着手金のお支払い

③ 事業計画作成の為のヒアリング

④ 貴事業所内の写真撮影(申請書に使用します)

⑤ 本申請手続き

⑥ 交付申請手続き

⑦ 交付決定(採択or不採択)採択の場合、交付決定額の15%のお支払い

⑧ 補助事業の開始:発注・納品・支払

⑨ 事業実績報告

⑩ 補助金額の確定(事務局)

⑪ 補助金交付手続き

⑫ 補助金支給

⑬ 事業実施効果報告

サポート費用

●採択された場合:着手金50,000円(税別)+ 交付決定額の15%

​●不採択の場合 :着手金50,000円(税別)のみ

オプション

●経営計画書の添削のみ 25,000円(税別)

●事業計画書の添削のみ 27,000円(税別)

​*両方とも、メール2往復までとなります。

Copyright© 2020 みつば行政書士事務所 All Rights Reserved