top of page
  • 執筆者の写真みつば行政書士事務所

【建設】CCUSの導入、進んでる?

こんにちは。行政書士の瀬野です。


CCUS(建設キャリアアップシステム)の事はご存じでしょうか。

国土交通省が促進しており、技能者の資格や就業履歴を一元化し、適正評価や建設事業者の業務負担軽減につなげるためのシステムで、2019年4月から運用が開始されています。


国交省は、当初は2019年の開始から5年間(2024年)ですべての技能者を登録すると目標設定していましたが、2023年の末時点で実際に登録している技能者は半分以下です。

*全技能者を約300万人とした場合実際に登録しているのは128万人(出展:国交省)



・・・と、前置きはここまでにして、聞こえてくる現場の声は以下の通りです


・登録が面倒過ぎる

・地味に費用も掛かる

・この手続きを事務員さんにお願いしたら辞めてしまった←new



手間暇はともかく、費用については技術者登録料、事業者登録料、管理者ID登録料、そして現場利用料。あと、カードリーダー導入費用もかかります。


この様なデメリットを大きく上回るメリットが分かりやすく明示されないと、なかなか重い腰は上がらないものです。

更にCCUSのシステム登録はネット経由のみなので、PC操作に不慣れだと更に面倒さが倍増すると思います。


では、CCUS導入のメリットはと言うと

・経審の加点対象になる

・元受けの立場で、取引実績のない下請事業者でも情報を把握できる

・建退共の手続きが少しスムーズになる

・CCUS対応業者としてアピールできる


こんな感じでしょうか。


導入については、もう少しお手軽になれば良いのになと思います。













最新記事

すべて表示

【雑】テレビ等のロケ撮影の許可

こんにちは。行政書士の瀬野です。 弊所では、テレビ番組用のドローン飛行許可も日々取り扱っています。 そこで、撮影する際の色々な許可について少しお話いたします。 場所にもよりますが、こんな感じです。 ・ドローン飛行許可(撮影にドローンを使う場合) ・公園使用許可(公園での撮影を含む場合) ・道路使用許可(撮影の一週間以上前には警察署に相談、提出) ・入林届(国有林に立ち入って撮影する場合) ・河川の

令和6年の始まり

こんにちは。行政書士の瀬野です。 2024年がとうとう始まりました。本年もよろしくお願いいたします。 新年の抱負は...特にありません(笑) 昨年少し頑張り過ぎたので、今年は現状維持が出来たらもうそれだけで二重丸かな、と思っています。 とは言え、来る仕事は全て丁寧に対応し、質も上げて行きます。 弊所はドローン、建設業、産廃の3種類に絞っており、中でもドローン界隈は法改正や運用の変更など、とにかく移

【雑】新NISAを始めようと思ったら、断られた話

こんにちは。行政書士の瀬野です。 お察しの様に、本日は雑談です。 巷で話題の「新NISA」 私も早速始めてみようかと思い、お気に入りのウェルスナビで申し込もうとしたら「税務署の調査で他の金融機関に口座があることが分かりお申込できませんでした」とのこと。 私が既にNISAの口座を開設?? 記憶を辿っても思い当たらず。 とは言え、何処かにあるとの事なので無意識のうちに開設したのかも知れません(笑) 早

Comments


bottom of page