• みつば行政書士事務所

SEO対策日記②どんなキーワードでここに来たの?


こんにちは。行政書士の瀬野です。

SEO対策日記、二回目は「どんなキーワードでここに来たの?」と題して

ウェブサイトへの訪問者がどんな検索キーワードでやって来たのか調べる方法をご紹介いたします。

Webサイトのアクセス管理ツールと言えば、「Google Analytics」が一般的ですよね。

言わずと知れた、Googleから無償で提供されている、大変高機能なサイト分析ツールです。

Webサイトの運営には無くてはならないものだと言えるでしょう。

ご存じない方の為に簡単に説明すると、

「サイトに来た訪問者数はどれくらいなのか」 「訪問者はどの地域から来たのか」 「使われたデバイスはスマホかパソコンか、どんなOSか」

等々のデータをいとも簡単に把握することができます。

Google Analyticsの管理画面を初めてみた人は、メニューが沢山あって何だか難しそう!と感じるかもしれませんが、基本以下の4項目をCheckしておけばOKです。

「ユーザー」「集客」「行動」「コンバージョン」

・・・と、話がタイトルから逸れてきたのでちょっと軌道修正しますね。

Google Analyticsは、高機能で優秀なツールなのですが、ウェブサイトへの訪問者がどんな検索キーワードを使用して訪れたのかを知ろうとすると、意外と使い勝手がイマイチなのです。

どうイマイチなのかは、当サイト「みつば行政書士事務所」の検索結果ページをご覧ください↓

この様に、全体のほとんどが、not provided にカウントされており、全く分析できません><

なので、Google Analytics からはいったん離れて、今度は Google Search Console を使います。

こちらもGoogle Analyticsと同様、Google様が無償で提供して下さっているWeb管理ツールです。

ではこの二つ、一体何が違うのか非常にザックリと説明すると、以下の様な感じです。

・Google Analytics:訪問者がサイトに来た後の動向を把握

・Google Search Console:訪問者がサイトに来る前の情報を把握 *他にもありますが省略

そして、Google Search Console で、訪問者が入力した検索キーワードを調べた結果が以下の画面です。

先ほどとは違い、キーワードとクリック数を具体的に知ることが出来ますね!

当サイトに来る人達は、何故かOEM推しなのですが理由は分かりませんw

私が以前、気まぐれに書いたOEM契約のブログ記事に、毎日コンスタントにアクセスがあります。謎です。

それでも来てもらえるだけ嬉しいですが、やっぱり本来業務のキーワードでもっと検索されたいですね。

今後の課題です^^

#サイトを育てる

Copyright© 2020 みつば行政書士事務所 All Rights Reserved